WixからWordPressへ移行してから半年

以前、Wixで制作していたホームページの表示が極端に遅くなり、WordPressへ移行するというお話を2020年6月にさせていただきました。

ご依頼主はバイク店さん

この時のご依頼いただいたウェブサイトが2020年8月末に稼働開始、それから半年が経ちました。
ご依頼をいただいていたのは名古屋市港区にあるカスタムバイクのお店『エビスバイク』さん。

私は写真の撮影、レタッチ、サイトデザインを担当させていただきました。

お店に行くと倉庫のような佇まいの中で、クラシックバイクが並んでいました。特にこちらのオーナーさんがHONDAのCB400FOURという車種が好きで、このバイクを得意としたカスタマイズをされています。

コストを抑え、エンジニアさんとタッグ

今回のご相談の最大の悩みはブログが蓄積し、表示がとっても遅くなったWixを改善したいというものでした。

長く続くサービスは長期管理している事が問題なのか、データの蓄積が問題なのかという点も明確にするためにサービス開始してまもなく取得し、10年以上放置している私のテストサイトを確認。

テンプレートを変更したりしても重くなることは無かったのでやはりデータが蓄積した事が問題の可能性が高いと協力してくれるエンジニアさんと判断し、WixからWordPressへ環境を移す事になりました。

以前のブログでお伝えしたように過去のブログを移行する事は非常に大変な手間がかかるためドメインのみ移行し、中身はゼロからのスタート。

コストを抑えるためにも有料テンプレートに合わせて制作。ブログの書き方などの操作はエンジニアさんが担当してくださりました。

大幅なブログ削除は影響があったのか?

ブログを書き溜める=財産を貯めるという方もいます。
これは私も同意です。

しかしそれは検索されやすいブログであればの話。エビスバイクさんはどちらかというと検索の上位になりやすいネタを常に狙って書いているタイプではなく、お店のファンの方にオーナーさんの人となりを知っていただけるような日々の記録を発信しているというもの。

SNSのような使い方をされながらも検索にも引っかかるネタに時々触れる。

過去の記事を移行させないという判断をしたのは過去のブログの記事に目を通し、アクセス解析を分析した上で残す手間と費用とサーバーへの負担よりも、どのネタが問い合わせあったのかを振り返りながら時折今の情報をはさみながら日々の記録を変わらず続けてもらうという事を狙ってでした。

結果的にはサイトへのアクセス数は大きな影響は無く、そしてサイトがリニューアルされてから半年経ちますがアクセスがあるのは最近のブログばかり。

こういった事まで考えてご提案したので削ぎ落としても影響の無いものをカットし、情報が整理されアクセスを集められるサイトになっていきました。

巨大サービスを外すまでに

その後、エビスバイクさんからリニューアル時には契約していたバイク情報サイトへの登録を外し、そこで展開していた在庫一覧をサイト内で展開していきたいというお話に発展。

このバイク情報サイトはオンラインストアでも予約サイトでも無いので目的としては“繋ぐ”こと。ユーザーは在庫を調べ、お店とやりとりして、現物を見てもらった上で購入してもらう。レビュー機能もありましたが、それはGoogleマップでやってくれる方が出てこれば良いのでマストではない。

そういった事を考えながら在庫情報が見えることだけに専念。

バイクの在庫は現段階ではまだアップされておりませんが、今は入手が困難な純正パーツを復刻したパーツを作り掲載。またこのパーツ入荷の紹介ブログも展開。こうしてコアな検索に強くなっていくサイトに。SNSとは違う強さを得ることが出来そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です