デザイン・クリエイティブ職の求人サイトまとめ2021と求人検索テクニック

2021年3月卒業生の就活もついにスタート。
デザイン・クリエイティブ系の求人サイトをまとめました。
画面サムネイルがついているサイトはデザイン・クリエイティブ系求人サイトの中でもお山デザインが情報量、見やすさなどから判断したオススメサイトです。
また少し長くなりますが、最後に求人検索テクニックも紹介していますので活用してみてくださいね。

クリエイティブ職を幅広く掲載

クリエイティブ系の業種を広く掲載しているサイトを紹介

ViViViT
取り扱い業種が豊富で検索も細かく探しやすい

グラフィカルジョブ
グラフィック・Webが特に多い

WANTEDLY
UI/UXデザイナー系が豊富だがグラフィック系も増加傾向

その他にも以下のサイトがあります。
JOB STAGE
グラフィック・Web・フォトが中心
デザインのお仕事
登竜門でご存知のJDNが運営
CINRA JOB
総合職も多く扱う
美大芸大就活ナビ
クリエイティブ系転職・派遣求人を得意とする優クリエイトが運営
美術手帖×デザインの現場 JOB
美術手帖でご存知の美術出版ホールディングスが運営
CG WORLD
映像、アニメーション、ゲーム、遊技機系が多い。有名CG業界誌が運営。
CREATIVE VILLAGE
Web、ゲーム、映像、広告系が多い。説明会情報も掲載。

Web/IT系の職種が多め

Web/IT系は分業化されているためこの業界に特化し紹介されたサイトもあります

Find Job!
グラフィック・Webが特に多い

その他にも以下のサイトがあります。
MOREWORKS
求人を現在は出していない登録企業も見られるので業界研究にも使える
CBCNET:WORK
デザインポータルサイトのCBCNETが運営
EngineerIntern
エンジニアのインターンシップをスタートにした企業を主に掲載

その他 限定業種に特化

なかなか求人情報が少ない業種に特化したサイトを紹介

RAKU-JOB
アニメ、ゲーム、マンガ、遊技機、映像制作に特化

その他にも以下のサイトがあります。
クリ博ナビ
ゲーム、映像、テレビ、マスコミ系に特化
求人@インテリアデザイン
インテリア業界に特化

クリエイティブ系以外も多く掲載

クリエイティブ系に限らず他業種を掲載しているサイトを紹介

リクナビ2021
大手グループ企業を豊富に掲載
あさがくナビ
優良中堅企業を中心に掲載
DODA 新卒エージェント
ベネッセが運営するサイト、登録者だけが閲覧可能な非公開求人で運営
とらばーゆ
女性の転職サイトとして有名だが新卒も掲載
しごとナビ
日本各地7箇所に支店を持つ派遣会社が運営。
ハローワークネットワーク
誰もが知る仕事紹介の巨大ネットワーク。

転職/第二新卒も多く掲載

これから第二新卒も出るので紹介いたします

Green Web
IT系を豊富に掲載
イマジカデジタルスケープ
Web、ゲーム、エンジニア、モバイル系が多いですが、他のクリエイティブ系も掲載
イーキャリア
ソフトバンクグループが運営する転職サイト。
マイナビ転職
広い業種で掲載
クリエーターズナビ
新卒の扱いもあるが大半が中途採用
優クリエイト
人材派遣と転職に特化して掲載

派遣会社を中心に掲載

派遣期間終了後に社員になれる紹介予定派遣も多く掲載

FELLOWS
幅広くクリエイティブ系を掲載
EXPERT STAFF
関東・関西のグラフィック、Web系を中心に掲載
マイナビ派遣
クリエイティブに特化した検索が出来るページを作成し掲載
AQUENT
主要都市を中心にグラフィック、Web系を主に掲載
dipross
中部3県を中心にクリエイティブ系を掲載
エン派遣
クリエイティブ系以外が多く掲載

企業の求人ページを直接探す

サイトデザインのギャラリーサイトで採用サイトやページを検索をするという方法もあります。大手企業が中心となりますが、ご参考までに。

イケサイ
I/O 3000
Web Design Clip
SANKOU!
MUUUUU.ORG

検索サイトで求人ページをプロっぽく探す方法

各企業の求人ページを探すという場合は検索ワードを何にするか以外にも探し方のテクニックがポイントになります。

「新卒 採用」とか「新卒 採用 2021」というワードで調べている方が多いと思いますが、ワードを変えて検索してもヒットしてくるのは常連のサイト。ちょっと時期をずらしたくらいでも検索上位のランキングが大きく変わる事はなかなかありません。

そこでgoogleでこんな調べ方もありますよというのを紹介します。

期間の絞り込みやページアドレスに使われているファイル名から検索

「新卒」や「採用」のワードが入っていて1ヶ月以内にアップしたページに限定

「新卒」と「採用」のワードが2つ共入っていて1ヶ月以内にアップしたページに限定

サイトのアドレスに「recruit」のワードが入っていて1年以内にアップしたページに限定

特定のサイトを検索結果から除外して表示

どんどん調べていくと特定のサイトには見たい情報が無いなと感じてくる事もあります。しかし検索サイトは常に勉強をしていて頻繁にアクセスがあったサイトは上位に残りやすくなります。そこで「デザイン」と「求人」のワードが入っていて特定のサイトを除いて検索したいという方法もあります。

例えば無料求人キュレーションサイトのindeedや求人ボックスは検索で上位に出て来やすいサイトです。しかしこれらサイトは既に見たのでこの2サイト以外で検索したいという場合には以下の方法で行いましょう。

「グラフィックデザイン」と「求人」のワードが入っていて1ヶ月以内にアップしたページからindeedと求人ボックスを除いた結果

上記の方法は「グラフィックデザイン 求人 -indeed -求人ボックス」と検索しています。これは検索ワードの先頭に『-(マイナス)』をつける事で除外する事が出来るのですが…忘れますよね。
そんな時は以下から設定するといいですよ。

【1】
Googleで検索ワードを入れて検索した後に『設定』の中にある『検索オプション』を選択。

スマホで検索している人は設定が無いと思いますのでブラウザのオプション設定から『PCサイトをリクエスト』してください。

「PCではあったのに…」はこの方法で対応してください

【2】
含めないワードにサイト名やドメイン名を入れて詳細検索の青いボタンを押せば完了!

Googleしごと検索は使えるか?

2019年1月より日本でも導入された『Google しごと検索』
実際に業種(例えば「グラフィックデザイン」)と「求人」や「採用」というワードを入れて検索すると求人サイトの情報を収集してくれます。
引っ越し見積もりまとめサイトや自動車買取り見積もりまとめサイトのようなまとめ具合はとっても便利です。
ただ、上記で紹介している求人サイトを広く網羅している感じはありませんのでこの方法だけというのは現段階では力不足です。

このGoogleしごと検索にコーポレートサイトのリクルートページや業種詳細ページにダイレクトにアクセスさせる事も出来るのですが、ウェブサイトの中に求人情報の構造化データをプログラミングする必要があるため、現状はそういった事を理解して導入しているウェブ制作会社さんの求人が極めて少ない状態。
こういう新しいサービスにも積極的な会社に就職したい!という学生さんは参照元と掲載先が同じ会社を探すと良いかと思います。

以下がGoogleが公開している求人情報の構造化データに関する資料です。ウェブ制作会社さんならわかるお話かと思いますのでご参考までに。

Google検索デベロッパーガイド > 参照 > 構造化データ > 求人情報
リッチリザルト テスト

まとめ

仕事探し一つでも効率よくやるかどうかで大きな差が出ます。授業再開になる前の時間があるうちに調べておきましょう。
過去調べた気になった求人情報に再び戻ってくる時間も短縮するためにブックマークやお気に入り登録などもお忘れなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です